中古車として人気のあるモデル

最近は自動車を選ぶ時の選択肢も多岐にわたるのと、自動車に求める価値観が変わってきたこともあり、中古車として売却する際の査定額も大きく変化してきました。

1:コンパクトカーの台頭
トヨタのヴィッツ、ホンダのフィット、マツダのデミオ、日産のマーチなど、コンパクトカーと呼ばれてきた車の人気が大変高くなっています。自動車買取でも大変人気が高いのですが、これは小型なこと、燃費がいいこと、従来のように大きな車を必要としない核家族などが、コンパクトカーを選ぶ率が高いのが理由のようです。

2;ハイブリッド車
トヨタのAQUA、プリウス、ホンダのフィット・ハイブリッドは、国内で最大規模のハイブリッド車の市場を築いています。燃費の良さが人気の秘訣です。

3:ハイエースなどの商用バン

ハイエースなどの商用バンは、ビジネスユースから大家族の日常の足としても人気の高いモデルであるとともに、海外輸出時にも高い人気を誇ります。

4:軽自動車
軽自動車の魅力は、なんといってもその維持費の安さです。自動車税も軽自動車だけがかなり安いので、年間の維持費に大きな差がでます。

反対に、あまり査定が上がらないのが大型のセダン、古いスポーツモデルの自動車、輸入車の廉価モデルです。
これらは、より高く買い取ってくれる業者を吟味しないと、想定よりも低く買い叩かれてしまうおそれがあるので、注意して買い取りを依頼するようにしましょう。

Comments are closed.

カレンダー
2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930