購入時高い車が、買い取り価格が高いとは限りません

通常、物を売るという時には購入時の金額が大まかなポイントとなります。元々高いものは、中古で売った時でも比較的高く売れますし、安いものはそれなりに、という感じです。

しかし、ダイヤのネックレスやプラチナの指輪と違い、車というのは公道を走るため、徐々に消耗していきます。購入時の状態を保つには、定期的に整備を行う必要があります。エンジンオイルの交換、タイヤの交換、車検を通すのはもちろんですが、車内の清掃などもしっかり行なうことは当然となります。

例えば、購入時に300万円の車を200万円で売るためには、それらの整備をしっかりする必要があるのですが、もし整備がされていなければ、100万、90万、ひどい場合は値段がつかないということも十分有り得るということだけは、理解しておく必要があります。

むしろ、100万円の車でも、大事に手入れをして、新車の状態に近い状態で売却をするなら90万円とか、80万円とか、購入時に近い金額で売ることも可能です。

もちろん、これはあくまで極端な例です。新車と比べれば大分寝落ちするのは否めませんので、これほどの高い金額で売却することは、年数が経てば経つほど難しくなります。
ただ、状態が良ければ古い車でも高く売れる、新しい車でも酷い状態なら安くなるというのは基本的なことですので、覚えておくと良いでしょう。

あと、同じ状態の車でも、買取を行う業者によって価格が変わる場合がありますので、そのあたりは各業者の買取価格を調べてみたり、売却の査定をそれぞれに出してみるなどして、条件を比較していくことが重要です。

Comments are closed.

カレンダー
2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930