未分類

少しでも査定額を上げるコツ

車を売ろうと中古車の買取を検討している方、少しでも高く車を買い取ってもらうコツがあることはご存知ですか。今回は車を高く買い取ってもらうコツ、中古車の査定額を高くするコツをお教えします。
中古車の査定額を大きく変化する時期は車のフルモデルチェンジが行われる時期です。新型車が出るとどうしても需要が新型車にいってしまうので中古車の買取の相場が下がってしまいます。車の買取を検討している方は時期にこだわるよりも一日も早く中古車の買取を行うべきです。

外装・内装も重要
やはり中古車の買取といっても綺麗であればあるほど良いです。車が綺麗だと買取を行う側も車を綺麗に扱う人の車であると感じます。綺麗な車はその後早く新しい購入者が見つかる為中古車査定額が高くなります。また、外装だけでなく内装も重要になってきます。シートの汚れ、タバコの匂いなども車の査定に関わってくるので日ごろから換気や掃除をこまめにするようにしましょう。

付属品も揃えておく
購入時についていた付属品も車を買取に出す際に揃えておく必要があります。取扱説明書や保証書、スペアキーなどは無くさないように保管しておきましょう。付属品を揃えておくことで中古車査定額がアップします。また、エアコンやカーナビ、オーディオなどが付いていることも中古車買取の査定額が上がるポイントです。
このように車を売るときに少しでも中古車の査定額を上げるには日頃から綺麗に使うことや購入時についていたものを無くさないようにすることなど細かいことが多いです。少しでも車を高く買取してもらえるよう努力しましょう。

商用車の買取

町行く車を眺めていると、よく似たデザインの車が沢山走っています。違い会社のロゴをつけているのに同じ車種ということも珍しくありません。一般的には商用車と呼ばれていますが、これには様々な種類があります。まず代表的なのが軽トラック、スズキのサンバートラック、キャリイ。ダイハツハイゼットなどが代表的なものです。続いてバンタイプ。これにはトヨタハイエースが世界的に有名だと言われています。最後にワゴン車タイプ。これは日産ADバン、トヨタプロボックスが有名です。

これらの車は、もちろん個人所有も可能ですが、多くは法人所有が多いようです。特にワゴンタイプは、それなりの貨物積載量があり、一般乗用車同様に人員輸送も行えることから、比較的広い範囲で使われています。

ただ、これらの車は設備的にも大変シンプルで、最近主流のカーナビはもちろん、カーステレオも最低限、場合によってはパワーウインドウもついていないというものも多いのです。

もちろんそれは、これらの車が陳腐というわけではなく、仕事をする際に必要な装備だけを厳選して取り付けたということに他なりません。事実これらの商用車の中古市場での取引価格は安定しており、今後も市場は極めて安定した物が期待できます。
商用車として使われることが多いため、場合によってはそれほどの損耗が無かったり、あるいはエンジンを常に動かしているために、一般的な乗用車と比べると状態が良いということも、商用車の市場が安定している理由のようです。

購入時高い車が、買い取り価格が高いとは限りません

通常、物を売るという時には購入時の金額が大まかなポイントとなります。元々高いものは、中古で売った時でも比較的高く売れますし、安いものはそれなりに、という感じです。

しかし、ダイヤのネックレスやプラチナの指輪と違い、車というのは公道を走るため、徐々に消耗していきます。購入時の状態を保つには、定期的に整備を行う必要があります。エンジンオイルの交換、タイヤの交換、車検を通すのはもちろんですが、車内の清掃などもしっかり行なうことは当然となります。

例えば、購入時に300万円の車を200万円で売るためには、それらの整備をしっかりする必要があるのですが、もし整備がされていなければ、100万、90万、ひどい場合は値段がつかないということも十分有り得るということだけは、理解しておく必要があります。

むしろ、100万円の車でも、大事に手入れをして、新車の状態に近い状態で売却をするなら90万円とか、80万円とか、購入時に近い金額で売ることも可能です。

もちろん、これはあくまで極端な例です。新車と比べれば大分寝落ちするのは否めませんので、これほどの高い金額で売却することは、年数が経てば経つほど難しくなります。
ただ、状態が良ければ古い車でも高く売れる、新しい車でも酷い状態なら安くなるというのは基本的なことですので、覚えておくと良いでしょう。

あと、同じ状態の車でも、買取を行う業者によって価格が変わる場合がありますので、そのあたりは各業者の買取価格を調べてみたり、売却の査定をそれぞれに出してみるなどして、条件を比較していくことが重要です。

買取る側の目線に立ってみよう

車の買取をする理由

車を買取してくれるサービスは沢山存在します。ですので、車を購入する時には廃車にせず売る。という方法が現在の主流になっています。そこで気になってくるのがどれくらいの値段で売れるのだろうか?という疑問と、少しでも高い値段で車を売りたいという気持ちです。では、どのような条件が揃っていれば高く車を売ることができるのでしょうか?今回は、車の買取を行なう側の目線になって考えてみましょう。車の買取を行なう目的は、中古車として、車の販売をするか分解してお金に換金する事が目的だと思います。

お店の状況に注目してみよう

中古車を販売するためには、どこからか車の買取をしてこなければいけません。では一体何処から車の買取をしてくるのでしょうか、答えは私達です。中古車を販売している会社の多くが、私達が不必要になった、車の買取を行って、中古車として販売されているのです。そのことから考えていくと、よく売れる車は売れる自信があるので、出来るだけ沢山買取りたいと思うことに対して、売れる自信がない車は、リスクとなってしまうので、買取にあまりお金を出したくないと考えるでしょう。ですので、車の買取を利用する時には、お店の状況をよく確認することで、なにかヒントがあるかもしれせん。

お店を回ってみよう

車を売る時には、お店の状況をよく観察すれば良いことはわかりましたが、注意点があります。それはお店によって状況が違うという事です。状況が違えば車の査定額にも違いがでますので何処に出しても、同じ金額で車の買取が行われるとは限らないのです。
それが、いくつかの会社に車の査定をお願いしようと言われている一番の理由なのではと思います。

自動車買取のポイント

自動車査定額を上げる

自動車査定額をまずは上げることが大切です。普段からの手入れはもちろんですが、見た目が美しい車は査定額も自ずと上がるため、
普段からしっかりと車のクリーニングをしておくことが大切です。また、他にも車を売る時に必要になるポイントは、いかに壊れた所の修復をきちんと行うかです。車の中までしっかりと修復してあれば車の査定額が変わってきます。
中古車買取は古くなれば古くなる程中古車の査定額は低くなりますので、
買い換えたいと思った時は、早めに中古車買取を行うべきです。

車の査定額は替わる

車の査定額は中古車買取店や自動車買取点などによって変わってきます。
そこで大切なのが、複数の車買取店を比較することです。複数の車買取店の見積りを沢山取ることによって、
ものによっては数十万単位で差がつくものもあります。
一つの自動車買取店の車査定額だけで満足せず、様々な自動車買取店を訪れることが大切です。
自動車買取査定額を比べてみて、一番高かった所に売れるのが一番理想の形と言えます。

自動車買取査定額を比べるのが面倒な時

車査定額を比べるにはいくつもの自動車買取店を回る必要がありますが、
時間と労力が非常にかかるものですので、もっといい方法で自動車買取査定額を知りたいと思う人も多いのではないでしょうか?
そこでおすすめなのが、自動車買取査定額の比較サイトを利用することです。自動車買取査定額を比較することが出来るサイトは複数ありますので、是非一度利用してみてはいかがでしょうか?

中古車として人気のあるモデル

最近は自動車を選ぶ時の選択肢も多岐にわたるのと、自動車に求める価値観が変わってきたこともあり、中古車として売却する際の査定額も大きく変化してきました。

1:コンパクトカーの台頭
トヨタのヴィッツ、ホンダのフィット、マツダのデミオ、日産のマーチなど、コンパクトカーと呼ばれてきた車の人気が大変高くなっています。自動車買取でも大変人気が高いのですが、これは小型なこと、燃費がいいこと、従来のように大きな車を必要としない核家族などが、コンパクトカーを選ぶ率が高いのが理由のようです。

2;ハイブリッド車
トヨタのAQUA、プリウス、ホンダのフィット・ハイブリッドは、国内で最大規模のハイブリッド車の市場を築いています。燃費の良さが人気の秘訣です。

3:ハイエースなどの商用バン

ハイエースなどの商用バンは、ビジネスユースから大家族の日常の足としても人気の高いモデルであるとともに、海外輸出時にも高い人気を誇ります。

4:軽自動車
軽自動車の魅力は、なんといってもその維持費の安さです。自動車税も軽自動車だけがかなり安いので、年間の維持費に大きな差がでます。

反対に、あまり査定が上がらないのが大型のセダン、古いスポーツモデルの自動車、輸入車の廉価モデルです。
これらは、より高く買い取ってくれる業者を吟味しないと、想定よりも低く買い叩かれてしまうおそれがあるので、注意して買い取りを依頼するようにしましょう。

買取状況に注目してみましょう

買取状況に注目してみましょう

車の買取を行なう時に、お店によって買取価格が違う時があります。一体何故でしょうか?それはお店の状況に関係している場合もあります。
車の買取が終わった後には中古車として再び販売される場合があります。車の買取行なう側からすればよく売れる車はガンガン買取したいと思いますし。逆に中々売れない車の場合はあまり買取したくないと考えます。なので、たまたま車の査定を依頼したお店が希望する車だった場合は、他のお店よりも高い金額で車を売る事が出来るかもしれません。

運任せにしてはいけません

車が高く売れるのか?を運任せにする事で、損をしてしまうことがあるので、おすすめは出来ません。より高い値段で車を売るにはしっかりと車の査定をしてもらう。また、複数の会社に車の査定をしてもらうということが重要になってきます。複数の業者の査定内容を知ることでその金額が高いのか?安いのか?を簡単に知ることが出来ます。よっぽどそのお店に思いれが無い限りは出来るだけ高く買取ってくれる業者さんを利用しましょう。

買取か下取りか

新しく車を購入する時には、以前の車を売るのか?下取りに出すのか?を選ぶことが出来ます。これもどちらに出したほうが得をするのか?を考えて、自分が得をするように動いていかなければなりません。なので、新しい車を購入する時には、古い車の下取り金額と買取金額双方を調べておくことをおすすめします。

車の買取価格は市場の人気で大きく左右します

私達が乗っている車は、市場での人気により中古車の買取査定が大きく左右されます。
例えば、最近人気の車種としてはトヨタのヴィッツ、ホダンのフィット、マツダのデミオの様なコンパクトカー、それに軽自動車も人気のようです。
燃費がよく、取り回しの良さがその秘訣のようです。

逆に、今人気のない車種としてはどんなものがあるのでしょうか?
例えば、3ナンバーと呼ばれる大型の車は、燃費が悪いものが多く、最近の少子高齢化の影響で、大きな車が要らないご家庭としては持て余すというところもあり、中古車の買取価格は下がりやすい傾向にあるようです。

ただ、同じ3ナンバーとはいえ日産のエルグランドなど、一部の大型車はエクステリアの質が高く、根強い人気を誇るため、中古車の買取査定時にも高値が維持されていると言われています。

これらは全て、私達消費者がどんな車を購入しているかによって大きく左右されています。

もちろん、ただ単に需要のある車種だから高値で売れるというわけではありません。
車にはグレードというものが設定されていて、同じ車種でも内装などに大きな違いがあります。当然、グレードの高い車のほうが中古車の買取査定時にも高値がつきます。
また、車体のカラーも大きな要素です。
車を外から見た時に一番気になるのは車の外装のカラー。
奇抜な色は、個人的にはとても満足感のあるものですが、中古車として販売する場合は黒や白の方が買取査定額が高い傾向にあるようです。

日本には中古車がたくさん

世界に誇れる自動車
世界に誇れる日本のモノの一つ、それは何と言っても「自動車」でしょう。世界的に有名なメイドインジャパンは数多くありますが、世界No.1として首位を維持しているトヨタ自動車の偉業は日本の誇りと言ってもいいのではないでしょうか。トヨタだけでなく、日産、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ、いすゞなど、こんな小さな国ながら世界的自動車メーカーがこんなに沢山出ているというのは本当に凄いことです。

次々と発生する中古車
ところで、それだけ沢山のメーカーから沢山の自動車が売られているということに伴って増えるのが中古車の数です。1つのメーカーで1種類だけしかなければ長年乗り続けようと思うものですが、新技術を搭載したり、斬新なデザインを取り入れたり、燃費が良かったりなど魅力たっぷりの自動車が次々と販売されればつい乗り換えたいと思ってしまうもの。日本人の自動車の乗り換え率は世界的にみても圧倒的と言われているようです。

中古車を上手に売りましょう
自動車を乗り換える回数が増えればそれだけ余計な費用もかかります。ですから今まで乗っていた車を売る時はなるべく高く売れるようにしたいものです。中古車の売値というのは中古車買取業者によって差が出るものです。全く同じ条件であっても業者の査定、業者の販売力などによって価格が変ってきますので、中古車を売る時には何社かに査定見積をしてもらい、その中でなるべく高い額を提示する業者を選ぶようにしましょう。

中古車は下取りよりも買取で

中古車を乗り続ける
時々、何十年も前に走っていたような自動車を見かけることがあります。自動車を乗る人の中には、自動車を愛してやまないマニアの人もいて、今でも整備をして自分の気に入った自動車を乗り続けている人もいます。しかし自動車は、毎年マイナーチェンジやフルモデルチェンジを繰り返したり、ニューモデルのものが新登場したりと、常に新しく生産し続けられているので、古いタイプの自動車は次々と生産が中止になり、自動車に使われている部品も次第に無くなっているのが実情です。従って、何十年も前の自動車を今でも乗れるように整備するということは、なかなか至難の業なのです。それだけ自動車に対する愛着があるという証拠ですね。

買い替える時には買取を選びましょう
さて、同じ自動車をずっと乗り続ける人もいるかもしれませんが、年月が経てばいろいろ故障も増えてくるので、10万kmも走ったらそろそろ買い替えを、と考える人も多いはずです。車検前に次の自動車に乗り換えるという人も中にはいますね。廃車にしない限り、買い替えの際に誰もがすることが、今の自動車の買取です。新車の頭金としてディーラーに下取りをお願いする人も少なくないかもしれませんが、下取りするよりは買取の方が高値になる場合があります。ですから安易に下取りに出してしまうのではなく、買取ではいくらくらいになるかを事前に確認するようにしましょう。

中古車買取業者を選ぶ
中古車の買取業者を選ぶ時はつい近所の業者を選んでしまいがちです。しかし業者によって査定額に大きな差が出ます。それは業者が持つ販売ルートや顧客の多さが影響するからです。今はインターネットでも売買される時代です。ですから、地元業者1社だけではなく、何社も見積をしてもらうのが適性な価格で買取してもらえるコツです。

カレンダー
2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930